FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

将来有望

以前、わたくしが通うボタニカルアート教室の
敏腕マネージャーのお孫さんの話を書いた(該当記事はこちら)。
あのあと確認(?)してみたら、ちょっと話を混同していたのでまずは訂正。

1.昼食がカルボナーラだったとき「メレンゲクッキーを焼いて」
  とねだったのは高校球児・弟(記事通り)
2.修学旅行でお父さんにサーターアンダギーをリクエストされて
  サーターアンダギーミックスを買って帰ったのは高校球児・兄
  (前回記事で弟さんと混同していたが、正しくはお兄さんの方)

と、訂正した上で、今回の主役は高校球児・弟。

バレンタインデーに学校でなんと21個ものチョコレートを貰った彼は(やるわね!!)
ホワイトデーのお返しを準備した。

21人分のフロランタンを、自分で焼いて用意したのだ。

甘いものにあまりご興味のない方のために一応解説させて頂くと
フロランタンというのはクッキー生地にキャラメルでコーティングした
アーモンドスライスなどのナッツを載せて焼いたお菓子。
名前の「フロランタン」とは「フィレンツェの」と言う意味で
一説にはカトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世に嫁いだ時に
お付きのパティシエがイタリアからフランスに伝えたとされているお菓子だ。

で、彼はこれを夜中の2時までかかって自分で焼き上げたそうで
マネージャーが

「先に言っておいてくれれば昼の間にばーちゃんが用意したのに・・・」

と言うと

「こういうものは自分で用意することに意味があるんだよ(^^)v」

その意気や良し!
うむ、ホワイトデーのお返しとして非常に正しい。
正しい・・・けど、ホワイトデーに自作のフロランタンを渡す高校球児って
いくらなんでもハイスペックすぎはしないだろうか(爆笑)

フロランタンはマネージャー家では定番のおやつで
わたくしもご相伴に与ったことがあるが(もちろんマネージャー作)
それはもう美味しかった!
日頃からこんな美味しいお菓子がおやつでホイホイ出てくるなんて
なんてうらめやましいご家庭、と思っていたが
孫息子がそれを継承しているところが凄過ぎる!!
「いっそ英才教育しては」どころか既に
「門前の小僧・・・」状態だったのネ。

お手製フロランタンを貰った女子高生ズの反応は

「お料理も出来るなんて素敵!将来見据えてがんばっちゃおう(ハート)」
「ええ~~正直わたしより女子力高いなんて凹むわ~~(涙)」

どちらなのだろうか(笑)

ところでこの高校球児・弟、人懐っこいうえこのマメさなので
チョコレートの数も示している通り、大変モテる。
一方、高校球児・兄の方はクール系で
バレンタインデーのチョコレートを貰っても
「ありがとう!」とお礼は言うが
特別お返しをしたりはしないのだそうだ。
・・・それはそれで、こういうタイプが好きな子にはたまらないだろうなあ(笑)
女性の数だけ煩悩、もとい、好みのタイプは存在する(^^)
おそらく二人とも、野球の方が落ち着けば
ガールフレンドには困らないのではなかろうか。

そして末っ子の妹(中1)。
この子が、とっても可愛いのだが実は中身がまだ小学生男子(女子じゃなく男子・笑)
バレンタインデーに友チョコをたくさんもらってウハウハ!で終わりそうだったので
マネージャー指導の下、お返しのお菓子を作りましたとさ。

わたくし個人としては、中身小学生男子な妹ちゃんが
この先思春期を経てどう乙女に変貌していくのか超期待!!

ん??でも、この3兄弟のママがそういえば
見た目はとっても可愛いけど少年っぽいのだよなあ。
さてさてどうなる???
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT