FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Open Garden・2

前回のOpen Gardenレポート続編。

お庭を堪能した後は室内展示に。
こちらのマダムはガーデニングの他、
フラワーアレンジメント教室も開かれているので
マダムと生徒さんの作品が展示されている。

今年は「和」がテーマ。
(だからカフェで筝の生演奏があったのだ!)

tt18050202.jpg

tt18050201.jpg

エントランスは楚々と爽やか・・・と見せかけて(?)

tt18050203.jpg

実はダイナミック!

「和」がテーマということで、今年は俳画などの展示があったが
そちらは撮影NGだったので現地で見て楽しませていただいた。

アレンジメントは撮影OKということで
撮らせていただいたものを。

tt18050204.jpg

爽やかな湿度を感じる。
なんだろう、静かな森の足元のような?

tt18050205.jpg

このアーティスティックな茎のラインは一体何事!?
花を活ける方は茎を曲げることがあるので
曲げたのですか?とお聞きしたら、こういう花よ、とのお答え。
えっ、こんな風に生えるの?すごい!と思ったのだが
どうやらこれはわたくしの質問が悪かったらしい。
生産者さんが茎が柔らかい時に曲げ癖をつけて育てて
生け花用の花材として出荷するのだそうだ。
(育ちきってからここまで曲げようとするとさすがに折れるそう^^;)
なので、活けた人は「こういう花」→(わたくしが曲げたわけではなくってよ)
とお答えになったが、花が自然にこのラインを出すわけではないらしい。
生産者さんが育てたこのアーティスティックなラインを
活ける人がどう美しく見せるかのリレー作業なのだな、なるほど。

ちなみに、花の名前を覚えていなかったのだが
「茎がぐねぐね曲がる花」で検索したら←ヒドイ
ちゃんとたどり着いた!「丹頂アリウム」という花でネギの仲間らしい。
(ちなみに和名は「花ネギ」だそう。なるほど!)

tt18050206.jpg

これ、好き~!!

tt18050207.jpg

水盤の上でとても涼しげ。

tt18050208.jpg

細かい枝のようなものはなんと竹箒!!
花材にしか見えない!!

tt18050210.jpg

このシックな色調、素敵~!
花器の中が見えないように、葉が格子状に編んである。

tt18050211.jpg

スーパーモダン!
現代絵画のようでもあり、枯山水の侘び寂びのようでもあり。
(そもそも枯山水が抽象なのだけれど)

tt18050212.jpg

苔玉。なんともフォルムが愛らしい。
植えられている花のひとつが希少種らしく
会場でご存知の方がものすご~く盛り上がっていた。

tt18050213.jpg

これも現代アートチック。
花は好きだけど活けるセンスの壊滅的にないわたくしには
魔法のように見える!

tt18050214.jpg

この大胆さ。ただただ見入ってしまう。

tt18050215.jpg

器と花材の組み合わせというかバランスがとても好き!
もう少しアップで撮影すればよかったかな。

そしてわたくしが個人的に感動したのは・・・

tt18050216.jpg

tt18050217.jpg

tt18050218.jpg

背の高い木(枝?)があちこちに活けられて
まるで部屋の中が木立のようになっていること!

マダムにお伺いすると、庭のたくさんの木の中を歩いてきて
その続きのような感覚を味わってほしかったのだそうだ。

こちらのお宅はまるで森の中の家というか
敷地の中に森が引っ越してきたような魔法の世界で
充分マダムの意図通り、室内が庭の延長になっている!

そして2階には大人気の販売コーナー。
毎年待ち構えて買い物に来るお客様が大勢なので
ほとんど売れてしまっていたが(笑)
その隣室のクリスマスディスプレイ。

tt18050219.jpg

tt18050220.jpg

抑えた色調が素敵~!

tt18050221.jpg

お手製の暖炉。

「ここで燃やせるんですか?」

とお尋ねになったお客様がいらしたらしいが
装飾用なのでもちろん火気厳禁(笑)

そしてこれが、マダムが生徒さんの反対を
押し切って作ったというコーナー。

tt18050222.jpg

クロゼットの中にティータイムを楽しむテーブルコーディネートが。
(ツリーに隠れているけれど、向かい合わせて椅子が2脚ある)

クロゼットをディスプレイに使う、ということに
難色を示した生徒さんが多かったそうなのだが
わたくしはむしろ秘密基地チックなこの感じ、いいと思うのだけど。
というわけでわたくしはマダム支持(笑)

膨大すぎてすべてをお伝えできないのが残念だが
たっぷり花と緑を堪能させていただいた。
マダム、お疲れを癒してまたぜひ来年もステキなお庭をみせてください♪
関連記事
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT