FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今月の生徒作品2018年10月・月旅行

今月の生徒作品2018年10月・月旅行

タイトル「月旅行」
作者  ちえみさん

制作者コメント 

地球は青かった?
初めての芯立ての作品です
トルコ石を地球に見立てて配置しました
お月見の逆です!
PMC3とPMC FLEXを
場所によって使い分けて
制作しました

紐使いの達人で、かつウサギストのちえみさんの
面目躍如といった作品だ。
繊細な紐で作られた月とそこに遊ぶウサギ。
青いトルコ石を地球に見立て
お月見ならぬ月からの「地球見」とは
なんという視点!
グローバルより広い場合ユニバーサルだろうか。

技術面では、まず初挑戦の芯立て。
パールなどのアクセサリーに良く使用される方法で
母体に銀線を立てた状態で焼成・研磨を行い
片穴をあけたパールなど(今回はトルコ石)を
接着する方法だ。
銀線を固定する土台部分が厚く広いほど楽なのに
細い銀粘土の紐によく上手に埋め込んだものだ。

月の紐での華奢な作りは、さすがは紐使いの達人。
今回は乾燥がゆっくりで曲げに強いPMC FLEXを
使っての制作だったようだが、彼女ならおそらく
PMC3を使っても同様に制作できただろう。
実はベースの月と芯立てまではあっという間に出来上がり
ちえみさんが苦心していたのはウサギ部分。

今月の生徒作品2018年10月・月旅行

首の下のマフラーのような部分
肉垂(にくすい)といって、大人のメスウサギの多くに
見られるそうだ
わたくしが以前飼っていたダッチウサギにはなかったが
ちえみさんのウサギさんには肉垂があるそうで
ここはチャームポイントとしてきちんと作りたかったようだ。
その意気やよし!こういうこだわり、大事大事!!

この作品はかなり長いこと温めていて

「追い込まないと完成しないかも!」

とご本人も言い出したので、10月の生徒作品展示をお願いした。
(ちなみに今年は十五夜が9月24日、十三夜が10月21日)
ところが展示前の最後の授業の時、
その日が最後と認識していなかったことが判明。
他に仕上がっている作品をお持ちの方と
展示順を入れ替えるという方法もあったのだが

「うーん、ここで順番変えちゃうと
作品が仕上がらない気がするのですよね」

とわたくしが言うと、ちえみさんが

「あ、そこ気がついちゃいました?」

と言い出し、教室一同大爆笑。
しかしそこから巻き返し、きっちり展示当日に
間に合わせたのはお見事。
この作品のお茶目な裏話。

今月の生徒作品ということで、10月一杯作品展示ブースに展示中。
お近くにお住まいの方は是非作品をご覧下さい。

今月の生徒作品2018年10月・月旅行
関連記事
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT