FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

独逸日記・2

毎週金曜日は独逸日記!

ということで、よろしければお付き合いのほどを。

これまでのお話
倫敦日記・1
倫敦日記・2
倫敦日記・3
倫敦日記・4
倫敦日記・5
倫敦日記・6
独逸日記・1

HARIBOから更に車を進め
リフトに乗って山を登る。

独逸日記・1

当たり前だけどチケット売り場もほとんどドイツ語!

独逸日記・1

結構な高さがあって、出発時は

「りかし、行きまーす!」

と、昔懐かしいモビルスーツアニメのような
掛け声(?)をかけたくなる感じだ。

d0207.jpg

リフトを降りてちょっと下を眺めたところ。

山を登ったところのレストランで昼食。

独逸日記・1

このレストラン、店名が

Zur Schönen Aussicht (美しい眺め)

で、2階の窓からの眺望が素晴らしいらしいが
今回は Zur Schöne Atmosphäre (美しい雰囲気)
を味わいましょう、とこちらへ。

独逸日記・1

開放的だけど、街中の道沿いのカフェよりは落ち着けるという
絶妙のバランス。素晴らしい!

ランチはこのような感じ。

独逸日記・1

どれもこれも美味しかった!

独逸日記・1

独逸日記・1

独逸日記・1

オーダーはもちろん義妹ちゃんがしてくれた。
本人は「旅行者レベル」と謙遜するが
ドイツ語でやりとりしているのが
うっとりするほどカッコいい!(>▽<)

弟は仕事は英語でしているらしく
ドイツ語も込み入ってくると義妹ちゃん頼み。
ちなみに、海外出張してドイツに戻る時
ビザがドイツで仕事をする人のものなので

「ドイツ語話せる?」 

と聞かれることがあるそう。
その時は

「ビールもう1杯おかわり!」

というと馬鹿ウケするそうな。
弟のドイツ入国審査鉄板ギャグだそうだ。
(ピンポイントなうえマニアック、弟よ・・・)

食事を楽しんだ後、ここにあるお城 Schloß Burg(シュロス ブルク)へ。

さて、ここで問題(?)なのはSchloß もBurgもどちらも「城」
を表す単語で、この単語、英語にするとどちらも Castle
になってしまう。
調べてみると Burg が防衛重視の城、Schloß が居住性重視の城。
最初の築城時期からすると Burg かな、と思うのだが
他のお城の表記方法を見てみると

エルツ城 → Burg Eltz
ノイシュヴァンシュタイン城 → Schloß Neuschwanstein

なので Schloß Burg は「ブルク城」でいいのかな。
なにを悩んでいたかというと、「ブルク城」なのか
「シュロス城」なのか、どっちなのだろうと
ずーっと考えていたという(^^;)

さて、気を取り直して(?)ブルク城へ。
元は12世紀に建てられたお城だがヨーロッパでの
国盗り合戦(?)その他で破壊され、近年
地元の方の懸命な努力で再建されたそうだ。

独逸日記・1

騎馬像は初代城主・ベルク伯アドルフ2世。
ベルク家のブルク城ってちょっとややこしい。

独逸日記・1

入り口近くにモデルが。

独逸日記・1

独逸日記・1

木枠がドイツっぽい!

独逸日記・1

独逸日記・1

どこかのテーマパークにありそうな・・・。

独逸日記・2<

絵本に出てくる中世のお城ってこうだよね!

独逸日記・2

内部は資料館になっている。
壁の絵は家計図的な絵柄だろうか。

独逸日記・2

隣の部屋は結婚パーティーに使うらしく
テーブルセッティングが。
お城で結婚パーティってちょっと素敵だ。

独逸日記・2

独逸日記・2

甲冑の展示。

独逸日記・2

交差ヴォールト(穹窿(きゅうりゅう))天井の礼拝堂

独逸日記・2

独逸日記・2

戦装束で悪魔を踏みつけているので
大天使ミカエル様かな?
戦姿で踏みつける、ってところで
ついつい四天王像を思い出してしまう。

独逸日記・2

ステンドグラスは花のデザイン。

独逸日記・2

礼拝堂右手に小さなパイプオルガン。
どんな音色を響かせるのだろうか。

中をずっと歩いていくと色々な展示があったようだが
母が階段が苦手そうなのでこれくらいにしておこう。
そろそろ疲れもたまっている頃なので
パワー温存が望ましい。

独逸日記・2

中庭に戻ってくると子供達が遊んでいる。

独逸日記・2

一瞬ギロチン!?と思ったが
ギロチンが発明されたのは18世紀後半。
このお城が出来たのは12世紀初頭なので
むしろ「さらし台」だろうか。

独逸日記・2

義妹ちゃんも記念撮影。
観光地によくある顔出しパネルを見つけたら
すかさず撮影するのがお約束で
このあともちろん弟も撮影(笑)

独逸日記・2

お城の外でも結婚パーティー。
ヨーロッパでも「お日柄の良い」日ってあるのかな?

独逸日記・2

山を降りるのももちろんリフトで。
下りだと高さを直接感じて登りとまた別の緊張感が!

独逸日記・2

無事到着~!

それでは今回はこの辺で~!
関連記事
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT