PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガラスのキャニスター

食品を冷蔵庫で保管するときにシール容器
~蓋をしっかり閉めると液体もこぼれづらい、
タッパーウエアに代表される密閉容器~を使っていたのだが
これについて悩みがあった。

まず、油汚れが落としづらい。
洗剤を使ってしっかり洗ったつもりでもチェックすると
油っぽさが落ちてなくて何度も何度も洗い直しすることしばしば。
もう一つは、ニンニクやカレーなど香りの強いものを入れると
これまた洗っても洗っても匂いが取れず、どうかするとそれ専用容器になったり。

何故なのだろう、と調べてみたら、これはもう樹脂の特性らしいのだ。
樹脂には目に見えない細かい隙間がたくさんあって
そこに入り込んだ汚れや匂いがなかなか落ちない、ということらしい。

ならば樹脂でなければよいのでは?ということで、ガラスキャニスターを使うことにした。
うちで一番多い使い道が「食べ切れなかったおかずや常備菜の冷蔵保存」なので
密閉にはそれほどこだわりがなく、乾燥しない程度に蓋ができて
電子レンジで加熱できればOK(注1)。というわけで、ジャムを作る時に使っていた
weckさんの容器を使うことに。

ガラスのキャニスター

すると、これが快適!
まず、油汚れと匂いの問題からはさっぱり開放された(^▽^)
ガラスは汚れ落ちがよいし、食洗機で洗える(注2)。
それに、中味が見えるということで
食べ忘れがなくなった(笑)
おまけに、蓋を取ってそのまま食卓に載せても
形状と素材のせいか違和感がない。
ガラス食器風に見えるので。
・・・書けば書くほど「手抜きしたい」という理由ばかりだなあ(^^;)

冷凍にはガラスは使えないので、冷凍が必要なものには
今まで通り冷凍できるシール容器を使ったりしているが
これだけでもかなりのイライラとお別れできた。
ご家庭それぞれで優先順位があると思うので
(たとえば軽いとか落としても割れない、が上位の場合など)
一概にお勧めはできないが、わたくしと同じような問題を抱えている場合
ガラス容器は一つの方法かもしれない。
ただし、上に書いた内容で注意すべき点があるので
導入の場合はぜひ下の注意書きを読んで自己責任でお願いいたします。

!注意(注1、注2)!
記事内部で電子レンジ加熱、食洗機で洗浄という記述があるが
販売店では
「電子レンジ、オーブン、食洗機の使用不可」
と明記されていることが多い。
というのは、weckの耐熱温度差は80度で
日本の法律では熱衝撃試験において
耐熱温度差の基準が120度となっているため
それらの使用に適さない、と判断されるためだ。
ただし、製造国ドイツやアメリカでは使用可としており、
レシピ本にはオーブン調理もある。
ということで、わたくしが電子レンジや食洗機で使っているのは
こういった事情を理解した上で、自己責任において使用している。
急冷・急加熱にならないようたとえば電子レンジ加熱の際は
冷蔵庫から出したものを室温に戻してから、など
耐熱温度差80度以内になるように注意しているわけだ。
電子レンジや食洗機以外でも例えばキンキンに冷えた状態の容器に
いきなり熱湯を注ぐ、なんていうのもダメなわけでそこは使いよう。
それが物凄く大変かというとそれほどではなく、
わたくしにとっては多少注意すれば匂いと油汚れ問題から開放される
ということの方がはるかに楽だから、という選択なのだ。
それぞれのご家庭の生活スタイルその他で優先順位が変わると思うので
こういった事情をご理解いただいた上で、よろしければ是非候補の一つに。
あくまで自己責任での使用をお願いいたします。

最初に使ったきっかけは、いちごジャムが好きでよく作るのだが
ビンとゴムパッキン、閉めるための金具をすべて煮沸消毒できるのが気に入って。
当時はまさかその後こんなにweckまみれになるとは思っても見なかったのだが
我が家にとっては大変便利なので重宝している(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

視線を感じる・・・!

先日、教室のあるジョイフル本田新田店の
駐車場内を徒歩で移動中のこと。
・・・どこからともなく強い視線を感じた。
な、何者!?と周囲を見回してみると。

助手席ヘッドレストに
ひょっとこのお面をつけた車が
停まってる!!

簡易イラストで説明するとこのような感じ。

強い視線が!

ダメ押しで助手席にフォーカスすると・・・

ひょっとこ!!

車高の高い車で、ちょうどひょっとこ面の位置が
立っている自分の顔の高さだったこともあって
まあ視線を感じること感じること。
知らなかったわー、ひょっとこって目力強いのね(^^;)

海外だと防犯用というか一人ではないと思わせるために
助手席にマネキンなどリアルな人形を座らせている車があるのだが
ひょっとこ面、行けるかも!!(←何がだ)

帰宅後この話をダーリンにすると

「だったら能面ならもっとリアルじゃない?」

能面でどうよ!?

・・・これ、夜の駐車場で見ちゃったら
夢に見るんじゃないかなあ(^^;;)
目力はひょっとこの方が強いけれど
威圧感はバッチリ(←だから何がだ)

そのうち、防犯用のお面?が
カー用品ショップで販売されたり・・・はしないかな(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Black berry・2

先日冬を無事越せた!と喜んでいたブラックベリー

小さなつぼみをつけた!

black berry のつぼみ

そして咲いた!!

咲いた!

風でぶれてしまったのでもう1枚、アップで。

アップで(^^)

画像ではほとんど白く写っているが
明るいところで見ると、ほんのり薄~いピンク。

よくぞここまで育ってくれた!
さて、このあと無事に実をつけてくれるかな?
なんだか小学生の朝顔観察日記のようだが
結構楽しい(*^^*)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

大人のダイエット

ここ半年くらいかけて、5kgほどダイエットした。
前提条件として、5kg以上太ったからだ(号泣)

アラフィフともなると、以前とは変わったことがある。
まず、ダイエットに時間がかかる。
30代の頃なら同じ方法(食事の改善)で
もっと短期間に8kg以上落とせたはずなのだが
ゆったりスローペース。
思うように落ちないから、と諦めてはいけない。
諦めたらもっと恐ろしいことになるから!!
そしてもうひとつ。
この年になると、5kg太っても5kg痩せても
周りの人にはわからない(爆笑)
若い頃は太れば顔がパンパンになったので一目瞭然だけど
この年になると肉がつくのはお腹周りや下半身なので
太っても痩せても気づいてもらえない。
良いのだか悪いのだか・・・
ただし、スカートやパンツがきついとか、履けなかったものが
履けるようになったりということがあるので
自分は誤魔化せないのだけど(笑)
そして、体に気を使っている人は小さい変化に敏感。
わたくしの周囲だと、ヨガやバレエをしている人にはすぐバレた。

というわけで、ここを読んでいる若い方にお伝えしたい。
年をとるとダイエットは結構面倒です。
若いうちに、なるべくベスト体重&体型をキープしましょう。
いや、年をとるとその大変さは
今の比ではないのですよ???(超真顔で)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

おかあさんといっしょ

展覧会絡みで実家滞在中なのだが
たまたま父が友人と旅行で家を空けている。
というわけで(どんなわけで?)
星乃珈琲さんにモーニングを食べに出かけた。

エッグスラットモーニング

頼んだのは「エッグスラットモーニング」というメニュー。
友人ROMちゃんから美味しいよ、という情報をもらっていたので
食べてみたかったのだが、自宅から最寄りの星乃珈琲さんまでは
車で1時間くらいかかるので、実家で父が留守にする機会をこっそり狙っていた。
なぜ父の留守を狙っていたかはこちらを参照(笑)

さて、エッグスラット。
マッシュポテトの上にデミグラスソース
その上に半熟卵が乗っている。
これをバタートーストに乗せていただくのだ。
食べてみての感想。
これはなかなか美味しい!
今までになかった感じだなあ。
トーストにつけてよし。
副菜としてそのままいただくもよし。
また、マッシュポテトなので食べ応えもしっかりだ。

のんびりおしゃべりをしながらモーニングを楽しみ、一時帰宅。
昼近くに出かけた先は近場の映画館。
実写版の「美女と野獣」を見に出かけた。
見たいな~と思っていたのだがダーリンを誘っても

「俺、まったく興味ないんだけど(^^;)」

・・・ですよね~?それは仕方がない。
そして母も見てみたいがおそらく父はダーリンと同じ理由で行きたがらないだろう。
しかも水曜日はレディースデイで安く見られる!
というわけで利害関係が一致し(笑)一緒に出掛けてきた。

いやあ、さすがディズニー映画。画面の色彩の豊かさが楽しい楽しい。
アニメーションにはなかった要素(ストーリー的に)も追加されているので
アニメーションを見た人にも楽しめる。
実写とアニメーション、共通の感想としては

王子に戻る前の野獣のほうがカッコよかった!(笑・個人の感想です)

帰宅してからまた映画の感想を話しながらお茶を飲んでおしゃべり、と
みっちりレディースディ・・・というか
「おかあさんといっしょ」
を満喫してしまった(笑)

父の留守に二人でずいぶん楽しんでしまったが
いる時にはいる時の楽しみ方
いない時にはいない時の楽しみ方があるということで
これはこれで。ま、いっか(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Black berry

去年、ブラックベリーの鉢植えを買った。
ブラックベリーの絵を描いてみたいと思ったのだが
自慢じゃないが植物を育てるのが苦手で
虫に食われたりして枯らした植物、数知れず。

お店の人には

「育てるの簡単ですよ(^^)」

と言われたが、プロの「簡単」は素人には遙か遠いのだよなあ。
と思いながら庭の片隅に植え、冬場に枯れ絶えたか?と思っていたが
暖かくなったらつるが延びて葉が出ている!

ひっそりと・・・

おおおお!!少しずつだけど育ってる、育ってる!!

わさわさ

根元はこんな感じ。

このまま順調に育って花を咲かせてくれるかな?
庭の楽しみが一つ増えた。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

美味しいもの地獄

当実験室歴が長い方はご存知のことだが
ダーリンの趣味はお料理(洗い物除く)で、しかもかなりの腕前だ。

「ゴールデンウィーク中の食事は任せて!作るよ(^^)」

との頼もしい宣言どおり、毎食美味しいものが出てくる。
し、幸せ~!!
幸せではあるが、大変ツライ。
それは何故か。

わたくしが現在絶賛ダイエット中だからだ!

何がツライって、控えめにしようと心がけているのに
美味しいので思わずパクパク食べ進めてしまい
気がつくと「あっ!食べ過ぎた!!」状態になったりして。
単に自分の自制心が足りないだけなのだけど(^^;)

「そうか、じゃあ俺がりかしのダイエットに協力するためには
マズイものを作ればいいんだな!(^^)」

いや、ダーリンちょっとそれは勘弁していただきたい。

というわけで続行中の美味しいもの地獄。
果たしてゴールデンウィーク明けの結果はいかに?
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

5月のディスプレイ

5月飾り

5月ということで玄関のディスプレイをチェンジ。
日々の忙しさに紛れて飾りを出さぬうちに端午の節句が終わってしまうこともあり(!)
今年は間に合ってちょっとホッとしている(^^;)
季節感は大事にしたいところ。

五条大橋

この陶板は以前にもご紹介したことがあるのだが
ウサギ牛若丸VSクマ弁慶
義経公と端午の節句にこれといった関わりはない(と思う)が
季節的にピッタリ来る気がするので、我が家ではこの時期に飾っている。
ちなみに地元太田市には、義経公が平泉に落ち延びる時に立ち寄り
源氏ゆかりの神社と知って冠の中に勧請してきた伏見稲荷大社の分霊を鎮祭した
ということでも有名な冠稲荷神社がある。
七五三や結婚式、車のお払いなど何かと頼りにされていて
我が家も地鎮祭にはこちらの神主さんに来ていただいた(^^)

鯉のぼり

こちらも以前にもご紹介した陶芸のこいのぼり
手作りの味なのだろうか、いつ見ても和む。表情豊かで。

さて、我が家の男子・ダーリンはもうこれ以上育たないだろうが
(これ以上背が伸びられると困る!!)
全国の子供達が健やかに育ちますように(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

花ざかり2

先日、ダーリンが所属するビッグバンドの定期演奏会があった。
演奏会なら花を捧げねば!
ハイ、年季の入ったバカップルは百も承知(^^;)
と用意したまでは良かったのだが
お願いしたお店が相場よりお値段が安いことを失念していて
想定外の大きさになってしまった。

大きい!

背の高いダーリンが持ってもこのボリュームなので
わたくしが運んでいると花が歩いているよう、というか
ランドセルに背負われている小学1年生状態。

新装開店?

玄関においてみたら

「なんだか『新装開店』って札を立てたくなるよね!」

とはダーリンの弁。そんな感じだよね(^^;)
花束にしなかったのがせめてもの救いだが
(大抵の場合、同じ予算だとアレンジメントより
花束の方がボリュームが出る)
予想外に家庭内が花ざかりとなった(笑)

百合の香りが漂うという、日頃考えられない優雅さ。
しばらくルームフレグランスはいらなそうだ(^^)

ところで上の画像について

「顔を似顔絵で隠す意味があまりないんじゃあ・・・」

とダーリンからコメントが。
本人をご存知の方、こっそり笑って下さい。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

花ざかり1

ハイノキ

我が家のシンボルツリー・ハイノキ。
去年も今頃記事にした気がするのだが
年に一度の雪のように白い花を咲かせる季節が来た。

アップで

アップで見るとこのような感じだが
実際にはとても小さな花で、ひとつが女性の小指の爪ほど。
良い香りがするので玄関からの出入りが楽しみなのだが
香りに釣られてかなり蜂が寄って来ているので注意が必要だ。

今年は春の訪れが遅かった気がする。
暖かになったと思ったら一気に夏日!なんて極端なのでなく
もう少しうららかな春をのんびり楽しみたいなあ。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT